このエントリーをはてなブックマークに追加  

アルバイトやパート、フリーター、派遣社員でもお金は借りられる?

消費者金融、銀行系カードローン共に、お金を借りる時の条件として、安定した収入のある方とあります。この安定した収入のある方とは、正社員の方だけではありません。アルバイト・パート、フリーター、派遣社員、契約社員でもお金を借りることができます。

 

以前は非正規雇用者の融資上限金額は決められていて、上限金額は50万円まででした。現在は、・ご希望のお借入金額が50万円を超える方・ご希望のお借入額と他社でのご利用残高の合計が100万円を超える方は収入証明書類の持参で、ご希望金額の融資が可能です。

 

では、アルバイト・パートの方がお金を借りる時には何が必要なのかまとめて説明します。

 

アルバイト・パート・フリーター・派遣社員がお金を借りるときに必要なもの

お金を借りる時に必要なものは、本人確認書類として運転免許証をお持ちの方はご用意頂いて、アルバイト・パート先の会社から、保険証が発行されているのであれば用意して頂いた方が、審査がスムーズに進みますし、審査が通りやすいのです。そして先ほど説明した収入証明書類です。この収入証明書類も用意できるのであれば、用意した方が審査に通りやすいです。

 

原則、正社員の方と審査は同じなのですが、毎月一定した収入があるという証明があればあるほど、審査に有利なのです。ですので、保険証や収入証明書類があれば、審査に通りやすいです。

 

お金を借りる時、必ず在籍確認はされる

審査に必ず必要なのが、在籍確認です。
在籍確認とは、勤務先へ電話をして働いているか確認することです。業者によっては勤務先の収入証明書類を代替えとして、在籍確認を拒否することができるのですが、おそらくアルバイト・パートの方は在籍確認を拒否することは出来ません。

 

派遣社員の方は、派遣先の会社に電話をします。貸金業者の社名を名乗ることは絶対にありませんし、個人名で電話をするのでご安心下さい。電話する性別も指定できますし、名乗ってほしい名前があれば指定できます。電話をかける際も時間帯や、話し方など工夫してくれるので、ばれる事はありません。

 

安定した収入が証明できれば審査も通りやすくなる

お金を借りることができるのは、正社員の方だけだと思われていたかもしれませんが、そんなことはないのです。消費者金融、銀行系カードローン共に、アルバイト・パート、フリーターの方でもお金を借りることができますと宣伝しています。よくあるご質問で『アルバイト・パートでもお金を借りられますか?』とあります様に、知らない方も多いようです。安定した収入を証明できれば、審査も通りやすいですし、ぜひご用意頂いてお申込みされることをおすすめします。

このエントリーをはてなブックマークに追加