このエントリーをはてなブックマークに追加  

専業主婦でもお金は借りることができるの?

お金を借りる時の条件は、毎月安定した収入があることです。お仕事をしている方なら、お申込み頂けますが、お仕事をしていない専業主婦はお金を借りることは出来ないのでしょうか?

 

無担保・無保証人で安心、気軽にお金を借りことが出来る会社は、大きく分けて2種類あります。1つは消費者金融系の会社、もう1つは銀行系カードローンの会社があります。

 

専業主婦は原則的に消費者金融でお金を借りるのは難しい

消費者金融系の会社は、貸金業法に基づいて運営されています。以前は専業主婦の方でも、配偶者の勤務先や年収を審査対象にして、消費者金融でもお金を借りることが出来ました。しかし、貸金業法は平成22年6月に大幅に改正され、専業主婦の方は消費者金融でお金を借りることが出来なくなりました。厳密に言うと、専業主婦の方がお金を借りる為には、配偶者の同意が必要になり、婚姻関係を示す書類(住民票等)の提出が必要になります。さらに配偶者と合算して(2人分の)借入れが(2人分の)年収の3分の1までに制限されるのです。配偶者の同意を得て、専業主婦の方が借入れをすることはほとんどありません。同意を得ているのであれば、お仕事をしている配偶者本人が借入れの申込みをした方が早いからです。

 

専業主婦がお金を借りるなら総量規制対象外の銀行系カードローン

では専業主婦の方が、配偶者には内緒でお金を借りる為にはどうしたらいいのでしょうか?消費者金融系で無理なら、銀行系カードローンも無理なのでしょうか?いいえ、違うのです。銀行系カードローンは、貸金業法には基づいて運営していないので、総量規制の対象にはなりません。ですので、専業主婦の方は銀行系カードローンでお金を借りることが出来るのです。

 

三井住友銀行のカードローン、三菱東京UFJ銀行のバンクイックでは、専業主婦の方でもお申込み頂けます。勤務先や年収等については、配偶者の勤務先情報を入力します。審査によって異なりますが、勤務先への在籍確認は行われます。配偶者には内緒にしておきたいのに、在籍確認は困る方も多いと思いますが、個人名で在籍確認は行われる場合が多いです。保険証や、配偶者のお給料明細書等ご用意頂ければ、代替出来る可能性もある為、ご用意頂けるのであればご用意下さい。

 

借入れできる金額も30万円以内となっておりますので、ご注意下さい。

 

配偶者の会社への在籍確認は絶対に困るという方には、楽天銀行のスーパーカードローンがおすすめです。専業主婦の方には、在籍確認がございません。限度額は50万円までと制限されますが、配偶者の収入証明書類、在籍確認も必要ない為、内緒にしたい方にはおすすめです。

このエントリーをはてなブックマークに追加